ネイルのデザイン

ネイルのデザイン記事一覧

迷ってしまうデザイン

ネイルカラーをどんなカラーにしようかということもかなり悩みます。私なんて、ネイルサロンにいってカラーが決まらず・・(だって大切な記念日だったから (笑))結構な時間迷っていたということがあります。でもそんなとき、ネイリストさんたちはゆっくり決めてくださって結構ですよー♪って本当に優しい。カラーだけじ...

≫続きを読む

 

ボトルの処理

ネイルをこれから楽しむという方も、すでにネイルを楽しんでいる!!という方も、ネイルを活用するために必要な知識をある程度もっておきましょう。活用させる知識?というと大げさに聞こえますが、たとえば、ネイルカラーがいつもカピカピになってしまって、他の人みたいに長くもたせることができないとか、分離してしまっ...

≫続きを読む

 

気を抜かないで!ペディキュアもみられてます

皆さんは、ペディキュアを楽しんでいますか?海外の方は爪にすごく気を使われる方が多いです。若い女性はもとよりおばあちゃん世代の方々も、すごく明るくて素敵なカラーを塗っている方を見かけます。年齢を問わず、おしゃれを楽しむって姿勢が、ペディキュアにも表れていますよね。季節はどんどん夏に向っています。これか...

≫続きを読む

 

フレンチのアレンジ

フレンチの中にもいろいろなアレンジがあって、中でも逆フレンチは面白いデザインです。変わった印象になるのにそれほど難しくないデザインなので、ぜひ、チャレンジしてほしいデザインになりますね。私は、よく逆フレンチを行うときには、水色と白を使います。派手な印象にならないし、オフィスでもOKな清楚なイメージに...

≫続きを読む

 

フレンチとグラデーション

ネイルのデザインの中でも、フレンチは定番のデザインになりますね。オフィスでもどこでもとても便利なデザインです。フレンチは爪の先端とベースの色が違うというデザインで、カラーをいろいろアレンジすると、派手にもなるしおとなしくもなるし、女性らしくもなるし・・とても使い勝手のいいデザインになります。これと同...

≫続きを読む

 

複雑なデザイン!

なかなかに難しい柄・・ブッチ柄という柄があります。これは、エミリオブッチというイタリアの方が作る独特のデザインをネイルアートに用いたもので、とても芸術的なデザインとなります。ベースを塗り、そこに相性のいい色や対照的な色などを利用して柄を書いていきます。柄の際はラインを取るというのがコツです。上級者で...

≫続きを読む

 

ドットがらで元気アレンジ!

フレンチのアレンジをもう一つ、これはちょっと難易度が高いかなと思いますが、普通のフレンチとまた違うデザインのように思えます。ベースカラーを塗ったら、好きな幅で爪の先端に角度を変えて色を塗ります。ベースのカラーと合わせて3色くらいがベストになりますね。印象がかなりフレンチと違うように感じますし、ライン...

≫続きを読む

 

チェックでかわいくアレンジ

とてもかわいいチェック柄。チェックはちょっと初心者には難しいアレンジになるかなと思います。ベースを塗って、そのあとにチェックになるようにカラーを乗せていきます。チェックにカラーを乗せることができたら、その上から、筆を利用してラインを引いていくと、よりチェック!!という感じになりますから、頑張ってみま...

≫続きを読む

 

ネイルの材料はこんなにさまざま!

ネイルアートの材料は今、本当にたくさんのものがあります。以前は、ラメやパールなどが主流でしたが、今はこんなものもあるんだ?と思うくらい、たくさんの種類があり、それぞれに魅力的です。ストーンはスワロフスキーや、アクリルストーン、またセレブの方々や、ウエディングなどには、本当の宝石が利用されることもあり...

≫続きを読む

 

魅力的なペイントと3D

このほかに、ネイルを楽しむ方法として、3Dやペイントなどがありますね。ペイントは、絵心がある方がやると、本当に芸術!!と思うくらいの美しいデザインになります。ネイリストの中にも、このペイントを得意としている方がいますので、一度お見本にしてもらうといいですよ。ペイントのデザインによっては、ネイルサロン...

≫続きを読む

 

初心者におすすめのデザイン

ジェルネイルを初めてやってみるという人は、デザインが多すぎて迷ってしまうと思います。カラーもたくさんありますし、アートのデザインも無限にあります。アートに使う材料もラインストーンをはじめ、ホログラムやラメなど多数あります。そこで、今回は初心者の人におすすめのデザインを提案してみたいと思います。 まず...

≫続きを読む

 

ラメを選ぶポイント

キットで購入すると付属のようにラメがついている場合が少なくありません。わざわざラメを選ばなくてもいいので、カラージェルをしてすぐにトッピングが可能です。ただ、サービスのようなかたちで袋に入っているので、色や形状が気に入らないという人もいるかも知れません。そういう人は別途、ラメを購入するしかありません...

≫続きを読む