家の買い替えで住宅ローンはどうなる?

家やマンションを買い換えたいと思う場合、今の家の住宅ローンはどうなるか悩む方は少なくありません。 ただ、家の買い替えを検討する方でもローンを払い終えていない方は多く、 今の家を売って住宅ローンを完済できる場合は、それほど心配はありません。

不動産を売却するには、住宅ローンを組んでいる銀行等の金融機関の抵当権をはずす必要があるのですが、 ローンの残りを完済していない状態で抵当権をはずすのは困難ですので、住宅ローンの残債がある場合は、新しい家を購入する前に今の家を売って、残りのローンを払いきる必要があります。とくに、新居の購入のために新たに住宅ローンを組む場合は、審査のためにも払い終えておくことが重要です。もちろん、十分な収入や資金の根拠がある場合は、別問題になります。

いずれにしても、今の持ち家をいかに高く売れるかが重要になってきます。 住宅ローンの残りを完済できて、さらに新居を購入する資金も用意できる金額で売却するのが理想です。

不動産を高く売却するには不動産屋選びが大切です。 複数の業者に査定をしてもらって、比較してから選ぶことが重要です。

不動産業者を決める場合は複数の業者に査定してもらってから決めるのが基本ですが、何軒もまわる時間がない方も多いと思います。そのような方のために複数の業者からまとめて見積りしてもらえる一括見積り査定サイトもありますので利用してみてください。

このページの先頭へ